マリメッコの歴史と文化

マリメッコ発展の歴史

マリメッコの歴史と文化今日は、最近お気に入りのマリメッコの生地についてです。

マリメッコは1951年に北欧フィンランドで創立されました。創業者はアルミ・ラティアと配偶者のヴィリオ・ラティアです。マリメッコという社名には、小 さなマリーのためのドレスという意味があります。マリメッコ社の前身であるプリンテックス社時代からのデザイナーであるマイヤ・イソラの存在は、マリメッ コの歴史を語る上で欠かすことはできません。
プリンテックス社時代にマイヤが作り上げたデザインが、極めて斬新でカラフルなものであり、これを活 用するためにアルミらはマリメッコを立ち上げることにしました。ですからマイヤのデザインがなかったら、今のマリメッコの大胆な生地のデザインは影も形も なかったことでしょう。
1952年に一号店となる直営店をオープンさせ、1956年にはマリメッコは国外へも進出して行きました。特に1960年 代には当時のアメリカ大統領夫人のジャクリーン夫人がマリメッコの生地のワンピースを愛用していたことで、マリメッコの人気は国際的なものとなりました。 そして今ではフィンランド国内ではもちろんのこと、世界中で愛されるブランドとなっています。

マリメッコの特徴と文化

マリメッコと聞くと大抵の人が思い浮かべるのは、大胆でカラフルな大柄の花模様ではないでしょうか。約50年前に生み出されたこのデザインは現代でも古さを感じさせず、変わらない人気があり多くの人に親しまれています。
フィ ンランドに行くと、街を歩く多くの人が、マリメッコの生地の服やカバンなどをを身に付けていることに気付きます。これには最もな理由があり、フィンランド では、マリメッコの雑貨や衣類、生地などが直営店だけではなく、日用品を購入するスーパーにも陳列されているのです。この事実は、マリメッコの人々の生活 に溶け込むデザインという理念と矛盾しないものです。
マリメッコのデザインの多くは植物や動物、自然の景色などが題材となっています。また、水彩 画や切り絵、実際の植物を採取して実際のデザインを起こしています。こうした自然をそのままデザインに生かそうとするマリメッコの文化やデザイナーの姿勢 が、流行に左右されず人々に長く愛される作品を世に送り出している所以かもしれません。

不動産業者と使用素材の違いによるリノベーション状況

都内の不動産業者の見積もりの差

不動産業者と使用素材の違いによるリノベーション状況今日は、ちょっとあこがれている、東京でのリノベーションについてです。

中古住宅のリノベーションを計画する場合には、不動産業者による費用や技術の差を見極めましょう。会社によって、得意な分野や特徴があるので事前に調べておきます。ある程度の相場を調べておく事も大切です。
東京で計画をする場合には、リノベーション業者も多いので複数の業者に見積もりを依頼します。
リノベーションで重要な点は、予算内に収める事も重要ですが家族の要望を叶える事も大切です。デザインも重要ですが、リノベーションは大掛かりな改築になります。耐震性などを考慮しましょう。
建 物の耐久性などを考慮していくれる業者を選ぶと良いでしょう。どの様にリノベーションをしたいのか、要望を十分に伝えたうえで依頼をします。東京のリノ ベーション業者は、多くの施工を手掛けています。実際に行われたリノベーションの資料を見せて貰うと参考になります。リノベーションを行った後の住宅のイ メージもつきやすいです。可能な限り多くの資料を見せてもらいましょう。

都内で自然素材を利用した違い

都内でリノベーションを行う際に、自然素材を使用か否かで費用や住宅のイメージが変わります。家族が自然素材を好むのか好まないのかを確認しておきましょう。自然素材を利用したリノベーションの代表的なものはとして、珪藻土や無垢材などがあります。
素朴な住宅のイメージにリノベーションを行いたい人には向いています。費用は使用する木材などによって左右されます。予算に応じて使用する木材などを変える工夫が必要です。
リ ノベーションで自然素材を使用しない場合には、鉄筋などの金属やコンクリートを使用します。都会的なイメージの住宅にリノベーションをする事が出来ます。 リノベーションに使用する素材がある程度きまっっているので、住宅の面積によって価格が変わります。リノベーションの施工が始まると途中で変更をする事が 難しくなります。着工前に完成後の、イメージ画や模型を作製して貰いましょう。家族に見せてその施工で良いのか確認をします。

大学の多い名古屋のシェアハウス

今日は、最近注目されているという名古屋でのシェアハウスについて。

多国籍だからこそ難しい

大学の多い名古屋のシェアハウス名古屋には多くの大学キャンパスが立ち並んでおり、海外からの留学生も多くいます。海外の学生寮・学生マンションにはシェアハウス型が多いため、留学生達 にとってシェアハウスという選択肢は慣れ親しんだものなのです。加えて、日本語の実践練習にもなることから、あえて日本人とのシェアを希望する留学生もい ます。しかし、文化の違いというものは、生活の中でどうしても出てきてしまうものです。
例えば、「食事の匂い」によるトラブルは、割と発生しやす いです。日本料理にも他国の料理にも独特の匂いや強い匂いのするものはあります。日本人同士でも故郷が違えば相容れない食べ物の匂いもあるものなので、そ れが他国の人となると、相手も自分もどんな匂いが苦手なのか予想もつきません。シェアハウスでは調理する時は、しっかり換気扇を回し、食後も匂いを残さな いようにキッチンを掃除する、くらいの事をルールにしてしまうと良いでしょう。

実は多い年齢制限

もともとシェアハウスという文化のない日本では、まず「学生寮の延長」という認識から始まりました。そこそこ普及した今でも、「若者の居住形態」という意 識が根強くあります。名古屋には大学が多い分、10代後半から30代の若い世代が多く、その意識が一際強いようです。年齢制限を設けている物件情報があち こちで見られます。
「交流」というコンセプトをベースに展開しているシェアハウスならば、そのような年齢制限は殆どないようです。しかし、名古屋 のシェアハウス物件情報にはただの交流ではなく「仲間」というコンセプトも入っているものが目立ちます。当然、世代や価値観が似ている者同士のほうが仲間 意識は芽生えます。「仲間」コンセプトの物件情報からは、世代の差による「交流」は、年齢制限によって初めから省かれているのです。そして、その制限は多 くの場合、具体的な年齢で示すか、あるいは学生という立場を制限することで、暗に年齢を「20代まで」と示しているかのどちらかです。

自然素材住宅が最近名古屋で流行している

自然素材住宅は通常とは何が違うのか

自然素材住宅が最近名古屋で流行している最近名古屋などでも流行っている自然素材住宅は、一般的な住宅と何が違うのでしょうか。名古屋で多く見られる自然素材住宅を見ていき、普通の住宅と異なる特徴を調べていくことにしましょう。
まず自然素材というのはどんなものを指すのかと言うと、住む人の体に有害な素材を使わず、あたたかみのある家のことを言います。自然素材にはいろいろな種類があり、住宅の箇所によって使い分けされており、部分によっては自然素材が合わないこともあるのです。
少なくはなってきましたが、今でも一般住宅ではシックハウス症候群を引き起こす素材を用いた家があります。自然素材住宅はそれらの素材を一切使わない家のことです。
合板や集成材、壁紙を貼る際に使用される接着剤がシックハウスに影響を及ぼす素材です。症状としては有害成分が揮発した際に刺激臭があったり、下痢や嘔吐、頭痛といったもので、ひどい場合は家に住めなくなる人もいます。
一般住宅はコストや利便性などの理由で自然素材を多く活用することはあまりありません。名古屋あたりは自然素材の家の価値が認められていて、体に害のない家づくりが求められているのです。

自然素材住宅を選ぶ時に注意したい点

ここからは、名古屋で自然素材住宅を選ぶ際に気をつけたい点について述べていきます。自然素材住宅を名古屋で購入予定の人は、参考にしてみてください。
自 然素材を100%使えば完璧というわけではありません。室内を見渡した時に木が見える割合のことを木視率と言いますが、この割合によってリラックス効果が 異なるようなのです。部屋によって、この木視率の割合を上手に変えていくことで、住みやすい家をつくることができます。
50%を超えるとリラックス効果がなくなってしまうというデータもありますので、木材が見える範囲にも気をつけて建てるといいでしょう。30%くらいはリラックス効果が一番あり、頭を働かせたい部屋には45%くらいが最適だと言われています。
また、自然素材の家は割高な物件が多いという特徴もあります。標準的な家より割増なため、予算オーバーにならないよう気を付けてください。名古屋では自然素材住宅の数も増えてきたため、以前より求めやすくなっています。

東京オリンピックでも負けないぞ名古屋

名古屋の現状と、東京との差

東京オリンピックでも負けないぞ名古屋名古屋は東京や大阪とともに三大都市圏の一つといわれています。しかし、2020年開催のオリンピックが東京に決まったことで、東京と名古屋の差がますま す広がりつつあります。元々、集積度合いからみると名古屋と東京の間にはかなりの格差があり、国勢調査による大都市圏の範囲で比較してみると、名古屋は東 京の二分の一の面積、人口では四分の一しかありません。
この人口集積の差が端的に表れているのが通勤時間の差で、東京へは遠方からでも多くの人々 があつまり、名古屋へは東京と比べるとわりかし近隣の地域からの人々が訪れることが多いということが時間で現れています。東京圏においては通勤問題が大き な課題となっていますが、時間をかけて訪れる意味と必要性が名古屋では問われるのかもしれません。

何をすべきか?

前にも述べたように、今名古屋に問われていることは、時間をかけて名古屋へ訪れる「意味」と「必要性」です。現在、それらをアピールするのに最適なツール はインターネットなどで、名古屋の会社でホームページ製作をして名古屋の良さをアピールすることです。ホームページ製作をすることでインターネットが使える環境にいる人な ら、誰でも簡単に名古屋という都市の特徴や良さを知ってもらえるからです。紙媒体の広告とは違い、ホームページ製作をする際に意見や質問などをメールで 送ってもらえるようにすれば、気軽に名古屋について知ってもらえて更に興味を持ってもらえることもあるかもしれません。
検索者の興味をひくために は、表題と内容が重要です。特にホームページのタイトルとなる表題は、難しすぎると検索しにくいので、簡単で覚えやすいキャッチ―なネーミングにすること が求められます。そして内容は、今話題になっている東京オリンピックなどに関連付けてホームページ製作をすると、より多くの人の目に名古屋の今を留まらせ ることができるでしょう。とくに交通や観光の情報を詳しく取り入れると気軽に訪れてくれる人も増えて、名古屋全体が活性化するでしょう。

こちらのサイトも参考までに。

人気の高い東南アジア

人気の高い東南アジア

人気の高い東南アジア東南アジアは、リゾート地として注目されている場所もいくつかあります。そのため、海外旅行といえば、欧米へ出かけていた日本人も、今では東南アジアへ出 かける場合がよくあるようです。東南アジアは日本から近いということもあり、旅費も安いので魅力的ですよね。ベトナムは今ひそかに人気となっている旅行先 の一つです。ベトナムには観光ツアーもたくさんあります。ベトナムの生活を疑似体験することができ、日本よりも暑い気候の国ならではの食べ物や娯楽を楽しむことができるでしょう。日本ではあまり見ら れない、道端に並ぶ屋台などは、ベトナム人と日本人の生活の違いをはっきり表しています。ベトナムでは、フルーツジュースなどの軽食を道端の小さなワゴン で作り販売している光景がよく見られます。外の埃などを気にしないおおらかなベトナム人ならではの光景と言えるでしょう。実際に食べてみると思ったよりも おいしかったという感想を持つ人は少なくないようです。

ベトナムの魅力

女性にとって興味があるのはやはり、服飾関係ではないでしょうか。洋服や靴、鞄、アクセサリーなど、外見を美しく、可愛くするものはいくらあっても困りま せんよね。ベトナムには、ベトナムならではのデザインが施された服飾が多くあります。例えば、ベトナムの民族衣装は、ワンピースの様で清楚なイメージを与 えます。比較的丈も長く、風通しが良いので暑い東南アジアの気候に則したデザインと言えます。また、浅黒い肌に映えるゴールドのアクセサリーも多く見られ ます。日本人は日常的にゴールドを身につけることに抵抗を覚えることが少なくないかもしれません。でも、ベトナムへ行った際には、ベトナム人の生活に溶け 込むためにも、現地の洋服とゴールドのアクセサリーを身に着けてみると良いでしょう。意外と日本人にも似合うかもしれませんよ。現地へ行って始めて魅力に 気づくという人は多くいます。まとまった休みが取れたら、短期間でも良いのでベトナムへ遊びに行って見ましょう。きっと良いことがたくさんありますよ。

ベトナムへ行かれる際には、こちらのサイトもチェックしてみてください。

ミャンマーでの生活事情

民主化後、日本だけでなく韓国や欧米などの企業関係者が押し寄せるようになって、住宅が不足しています。家賃も値上がりが続いているのが悩みの種です。しかし、マンションのようなコンドミニアムはセキュリティもしっかりとしています。間取りもゆったりとしていて、快適に暮らすことが出来ます。また、ミャンマーは人も穏やかな性格ですので、ストレスを感じずゆったりと暮らすことが出来ます。

1031694_sunset_between_trees
但し、他の東南アジアの国と同じように都市部では激しい交通渋滞があります。民主化で訪れる人が多くなったので、交通渋滞はいっそうひどくなっています。普段の移動手段はタクシーですので、交通渋滞にはうんざりしてしまいます。さらに辛いことは、エアコン付きのタクシーが少ないことです。

ミャンマーでの食事事情

“ミャンマーの料理は、基本的に脂っこく味が濃い料理が多いです。香辛料も効いていますので、あわない人も多いのではないでしょうか。しかし数は多くはありませんが、西洋料理や中華料理、日本料理など、各国料理のレストランがあります。パスタやピザの美味しいレストランもありますし、日本の家庭料理やラーメンなども食べることが出来ます。
スーパーもありますが、慣れてくれば市場に買い物に行ったほうが新鮮な野菜が手に入ります。豊富ではありませんが、日本の食材や調味料も手に入ります。醤油や味噌、梅干や乾燥わかめ、海苔などから日本のお菓子やインスタントラーメンなどもあります。自宅で日本にいるのと同じような料理を作ることは、全く問題ありません。

ミャンマーの生活

ミャンマーの市街地、特に首都のヤンゴンやミャンマー最後の王朝があったマンダレーはそれほど日本の市街地と変わりません。

1051143_floating_gardens

少し郊外に行くと豪邸が立ち並んでいますが貧富の差は激しいみたいです。貧富の差はそれなりにあるものの市街地で女性や子供が襲われるような大事件はほとんど発生しておらず、ミャンマーの治安は一部の地域を除いて、比較的良好です。ミャンマーでは車は右側通行で信号もほぼなく、クラクションが鳴 Read the rest of this entry »

ミャンマーはこんな良い所

ミャンマーの人々はとても親日的だから、とても住みやすいです。馴染めない人の中には、必ずしも親日的では無いという人もいますけどね。
ミャンマー、特にヤンゴンの街中になると、大きなショッピングセンターがあります。生活をしていく上で、基本的に困ることがなく、安心です。1272580_compass
ミャンマーはこれまで軍政だった影響がまだあり、治安が比較的良いです。日本と同じように、強盗などの事件はあるから、注意が必要ですけどね。
私の主人は年長者になるので、ミャンマーで仕事をしていると、とても敬われるそうです。東南アジアの国々では、年上の人が絶対という感覚が強い傾向があるみたいです。
特にミャンマーはその傾向が強くて、主人が会社で言うことは、ほとんど受け入れるみたいです。だから、年長者が上に立つようにすると、会社や工場が上手くいく傾向があるみたいです。
Read the rest of this entry »